債務整理の事を正しく理解して利用することで借金苦から抜け出せます

債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金で生活が成り立たなくなったの生活から抜け出すための手続のことです。

債務整理には任意整理と民事再生、自己破産と過払い金請求の4つの方法があります。

それぞれの状況に応じた債務整理を行って、借金を減額するとかあるいは返済に猶予を持たせるなどの方法で、多額の借金返済で生活が成り立たなくなった人を救うのを目的とした国の法律が債務整理です。

【任意整理のメリットとデメリット】

債務整理の一つの任意整理とは、裁判所を通さず直接債権者と借金の減額や金利の引き直しなどを交渉して、生活に支障のない範囲で返済ができるようにします。任意整理のメリットは、裁判所を通さないので比較的手続きが簡単なことや、自由度が高いため一部の債権者だけを整理することも可能です。

デメリットは、自己破産や民事再生よりも借入金を減額させる効果が高くないことと、最近は任意整理に応じない債権者が増えていることです。

【民事再生のメリットとデメリット】

民事再生とは、住宅などの財産を処分せずに大幅に借入金が減額される債務整理で、原則として減額された金額を3年間で返済します。

民事再生のメリットは、自己破産のように借入金が0にはなりませんが、住宅などを手放さなくてもすむことや、自己破産のように一定の期間、定められて恵特定の仕事に就けなくなる仕事があるなどの様々な制限がなく自由なことです。

デメリットは、継続して収入を得る見込みがないと適用になりません。そのため、自己破産の手続きに移行することもあります。

【自己破産のメリットとデメリット】

自己破産とは、裁判所で全ての債務を免除してもらう債務整理で、認められれば税金を除く全ての借金がキレイになります。

メリットは借金が0になることですが、ただ、贅沢品とかギャンブルに使った費用は認められません。デメリットは、持家などの財産は処分しなければならないことです。

【過払い金請求】

任意整理をした結果、過払い金が発生してることがわかるときがあります。その場合、過払い金返還請求することで、返済しすぎていた金額を取り戻すことができます。ちなみに、返済が済んでいる過払い金返還請求は債務整理とはいいません。

従って債務整理の全てにあるようなブラックリストに載ることも、一定期間クレジットカードが使えなくなるようなこともありません。

【債務整理をした人が後で思うこと】

債務整理をした人の多くの人が「もっと早くやれば良かった」と思っています。ほとんど人が債務整理を行う決断をするまでに悩んだり戸惑ったりしていますが、それは債務整理というものがよくわからないことからきています。

さらに、間違った情報や偏見を鵜呑みにしている人も多く、それも債務整理をするブレーキになっています。債務整理の事をよく知って賢く利用することをおススメします。

ストーリー仕立てでわかりやすく借金返済ストーリー

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *