債務整理を依頼するのは弁護士と司法書士のどちらが良いのか

債務整理については、頑張って勉強すれば個人で可能な手続きもありますが、やはり法律の専門家に任せた方が色々な面で有利です。素人が法律の書籍をめくって分かるのは、せいぜい条文と主な判例ぐらいであって、具体的にどういった手順で進めて、債権者と交渉をしていくのかのノウハウまでは到達できません。さらに、お金を借りている本人が借金の減額や返済日の延長を申し出ても、基本的に金融機関からはまともに扱われずに、ただ契約通りに返済することを一方的に言われるだけです。金融機関はお金を貸して回収するプロだから、自分たちが不利になる言動は一切行いませんし、逆に債権回収に必要な手続きは確実に行っています。その金融のプロフェッショナルと対等に交渉して、希望通りの債務整理を勝ち取るためには、同じく法律のプロである弁護士や司法書士の力が必要です。

法律の専門家とは、有資格者である弁護士、または、認定を受けた司法書士のいずれかです。ただし、債務整理を行っている司法書士であっても、高額の借金などの一定条件をオーバーしている場合は、案件として扱えなくなってしまうので注意しましょう。本来は依頼者の代理人として法律行為ができるのは弁護士だけですが、認定を受けた司法書士については少額の案件に限って、訴訟などの法律行為が許されているのが現状です。すでに高額の借金であるケースでは、認定司法書士よりも弁護士に相談した方が適切になります。もっとも、債務整理に強い認定司法書士であれば、弁護士よりもリーズナブルな報酬で、有利な返済計画を認めさせてくれるから、ケースバイケースです。

報酬金額としては、全体的に認定司法書士よりも弁護士の方が高めです。その代わりに、認定司法書士に依頼すると、代理人になれない部分が出てくるので、作成してもらった書類を持って、平日の指定された時間帯に裁判所に出向くといった手間がかかります。弁護士に任せた場合は、完全に本人の代理人として行動できるので、自己破産を選択した状況での裁判官との面談ぐらいで済みます。弁護士においては、債務整理の申請から完了までの期間を短縮できるなどのメリットもあるのが特徴です。自分の債務を見直して、債務整理で専門家に支払う報酬も考えながら、弁護士と司法書士のどちらかを選びましょう。いずれにしても、債務整理に長けていて、豊富な実績がある法律事務所がお勧めです。

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *