Author: icp

個人再生から自己破産に変える事はできるのか?

個人再生をしている時に思わぬトラブルが生じてお金を返していく事ができなくなった時には、自己破産に変える事はできるのでしょうか。 計画が狂った時 再生計画に基づく返済が厳しくなっても、債権者次第では1度くらいは返済を猶予してくれる場合もあります。あるいは再生計画を変更しても支払いができない時には、ハードシップ免責の制度を使うのも手でしょう。 ハードシップ免責とは再生計画の4分の3以上を弁済していれば、残りの債務に関して払わなくてもよいという制度です。ですからまずは再生計画の変更、ハードシップ免責を活用する事を考えましょう。これらの2つのいずれでも解決できない時には、自己破産に進む必要が出てきます。 再生計画の取り消し 個人再生が決まった時に、債権者の状況などを裁判所がいちいち管理しているわけではない事から、債権者の支払いが滞った時にも、裁判所がすぐに再生計画を取り消す事はしません。 再生計画を取り消すには、債務者が裁判所に対して再生計画の取り消しの申請をしないといけないのです。その一方で自己破産を申請するのなら、裁判所に対して債務者が借金の返済をする事ができない事を示す事が大事です。 制限はあるのか 個人再生から自己破産に進む時には大きくは2つのケースにおいて制限があります。給与所得者等再生が決まったその日から7年以内に自己破産申請した時には、免責不許可事由と判断されます。 免責不許可事由とは自己破産を申請しても借金はなくならないという意味で、これでは自己破産しても意味を成しません。 しかし、再生計画に基づき借金返済をしている時はこの制限は適用されません。返済計画を完遂した人だけ7年間の制限があるという事です。つまりは、認可が決まってから3年間で弁済したケースでは、残りの4年間だけ制限があるという事も出来ます。次にハードシップ免責をした時です。 このケースにおいても、ハードシップ免責が決まった後に7年間は自己破産をしても免責不許可事由として断を下されます。そもそもハードシップ免責とは再生計画について4分の3以上の支払いが終わっている場合は、残りの返済をなしにする制度ですから、ここから自己破産する事は7年間はできない事になります。 個人再生を申し込みした段階においては収入もあり、再生計画に沿って返していけるはずだったけれども、その後に突然病気などをしてしまう事もあります。このような時には個人再生から自己破産への変更も考える必要が出てくるのです。

債務整理の申し立てをしたら気をつけること

多額の借金で返済不能に陥った人を法的に救う国の救済措置が債務整理ですが、債務整理を申し立てたら新たな借り入れができなくなります。 債務整理のどの種類でも新しくクレジットを作ったりすることが出来ず、お金が必要になっても借りることができません。 たとえ債務整理で借金を0か、あるいは減額をして毎月の返済が楽になった人でも、クレジットカーなどでお金が借りられなくなることはある意味厳しい面があります。 債務整理のうちのひとつの任意整理をしたある女性は、任意整理をした後、金融会社への返済が滞って、金融会社から一括請求の通知が来ました。しかも、2社からも来たのです。借金の返済が出来なくて任意整理した人にとって、一括請求は厳しいものがあります。 この女性の場合は任意整理でしたから借金が全額0になったわけではなかったのですが、たとえ自己破産で借金が全額0になった人にとっても、債務整理後にクレジットカードが使えないのは想像以上にきついことが多いです。 それは、自己破産など、債務整理をする人の多くは借金癖がついていて、なかなか急には改められないことも原因しています。 クレジットカードが使えずヤミ金融に手を出す危険 せっかく国で債務整理の法律を作って、多額の借金で生活が成り立たなくなった人を救うようにしても、消費者金融やカード会社から借り入れが出来ないとヤミ金融に手を出す可能性が大きいです。 不当に高い利息を請求するヤミ金融業者は違法なのですが生き残りをかけて必死で戦っていますから、カード会社などから借り入れが出来ない人を巧妙に調べ出して、勧誘のメールなどを送ったり自宅に勧誘の電話をかけてくることもあります。 自己破産などは住んでいる県の官報に載り、誰でも見ることができますからヤミ金業者にはすぐわかります。 また、ネットには普通の金融業者を装って勧誘をしているサイトもあります。 「闇金融業者一覧」などのサイトもありますから、怪しいと思ったら検索をして闇金融業者どうか調べてみてください。 しかし、どこからも借入ができない人は、怪しいと思ってもどうにもならずに借りてしまう人も多いです。 ヤミ金業者の取立ての恐さは多くの人がご存知かと思いますが、並大抵の恐ろしさではありません。もしも闇金業者に手だして困ったら、すぐに弁護士に相談してください。 警察に助けを求めても、個人間の問題には立ち入らないのが原則ですから、暴力を受けたなどの場合でなくては取り合ってもらえません。 また、違法な商売をしているヤミ金業者にとって怖いのは、警察より法律の専門家の弁護士なのです。債務整理の手続きを始めた時点でしつこい請求がピタッと止まります。 債務整理申し立て後の借入はリスクが大きい 債務整理を始めた時点で金融機関の信用情報に載り、その後5年間は借り入れが出来ないと思ってください。 自己破産の場合は手続きを始めてから借り入れをしたことがみつかると、免責不許可になり自己破産が出来なくなります。 他の債務整理も同様に手続きが終了となり、弁護士や司法書士の依頼していた場合は一方的に打ち切られて、弁護士費用の支払い義務だけが残る結果になってしまいます。 多くの金融業者やカード会社では債務整理の手続きが始まると貸し付けはくれませんが、金融機関の一部では金融機関独自の審査で貸し付けてくれることもありますが、債務整理ができなくなるリスクはあまりにも大きいです。 自己破産した後5年間ほどクレジットカードが使えないではなく、自己破産他、全ての債務整理で申し立てをした時点からクレジットカードが使えません。 ちなみに、債務整理のひとつに過払い金返還請求があります。過払い金返還請求自体は国で認められた正当な行為なので問題がありません。 ただ、過払い金返還請求後に一部でも借入残が残ると債務整理の任意整理扱いとなってしまいます。そのため、金融機関の信用情報に載りますから、もし住宅ローンを組む場合はローンの審査に大きな影響がでますから注意が必要です。 住宅ローンを組む予定がある場合は、ローンの返済が済んでから過払い金変改請求を行うなう方が無難です。

借金で困ったら弁護士に相談して債務整理しましょう

債務整理とは、今ある借金を整理して、借金苦から脱出するための手続きのことです。 よって、自分の収入で借金を完済するのが難しいと考えている方は、債務整理という方法を検討してください。 債務整理の方法には、過払い金請求、任意整理、民事再生、自己破産の4つがあり、どの方法を選んで借金を整理するかは、弁護士と相談して決定します。 この4つのうちの1つ、過払い金請求とは、返済し過ぎたお金を戻してもらう方法です。 返済し過ぎたお金が戻ってくれば、そのお金で残りの借金を返済することができますし、場合によっては自分のお金が増えることになります。ただ、きちんと返済していない方に、この過払い金はほとんどありません。過払い金が無ければ、過払い金請求をしてもお金は戻ってきません。 任意整理とは借金を減らしてもらえるように交渉したり、月々の返済額を減らしてもらえるように交渉する方法です。月々の返済額が多いと、生活に回せるお金がありませんから、当然、生活苦に陥ってしまいます。返済額を少なくすることができれば、その分生活に回せるお金が出来るので、ゆとりが生まれます。また、借金そのものが減れば、無理なく返済することもできます。そして任意整理はお金を貸してくれている業者と交渉を行うところに特徴があります。裁判所を通すことなく手続できるので、借金を大事にしたくない方には良い方法です。 債務整理には民事再生という方法もあります。こちらも任意整理と同じように借金減額の手続きとなりますが、裁判所に認めてもらう必要があります。 ただ、この債務整理方法を選ぶと、自分が住んでいる家はそのままで借金を減額できます。また、職業選択の自由が狭まることもありません。債務整理の方法として、自己破産もあります。 自己破産は裁判所に認めてもらって借金の支払い義務を免除してもらう手続きになります。自己破産と聞くと自分の財産が全部なくなり、無一文になってしまうという印象を持っている方が少なくありませんが、自己破産をしたからといって、無一文になることはありません。住宅やマイカーといったものは手放さなければなりませんが、自己破産後に得る収入は生活費として使うことができます。また、自己破産したことが職場に知られてしまうこともありません。 借金は、できることならしないほうが賢明です。しかし、多額の借金をしてしまい、月々の返済で生活が困窮してしまったら、迷わず弁護士に相談し、借金の整理をしてください。 無料相談なら街角法律相談所

債務整理の事を正しく理解して利用することで借金苦から抜け出せます

債務整理とは、借金を減額したり、支払いに猶予を持たせたりすることにより、借金で生活が成り立たなくなったの生活から抜け出すための手続のことです。 債務整理には任意整理と民事再生、自己破産と過払い金請求の4つの方法があります。 それぞれの状況に応じた債務整理を行って、借金を減額するとかあるいは返済に猶予を持たせるなどの方法で、多額の借金返済で生活が成り立たなくなった人を救うのを目的とした国の法律が債務整理です。 【任意整理のメリットとデメリット】 債務整理の一つの任意整理とは、裁判所を通さず直接債権者と借金の減額や金利の引き直しなどを交渉して、生活に支障のない範囲で返済ができるようにします。任意整理のメリットは、裁判所を通さないので比較的手続きが簡単なことや、自由度が高いため一部の債権者だけを整理することも可能です。 デメリットは、自己破産や民事再生よりも借入金を減額させる効果が高くないことと、最近は任意整理に応じない債権者が増えていることです。 【民事再生のメリットとデメリット】 民事再生とは、住宅などの財産を処分せずに大幅に借入金が減額される債務整理で、原則として減額された金額を3年間で返済します。 民事再生のメリットは、自己破産のように借入金が0にはなりませんが、住宅などを手放さなくてもすむことや、自己破産のように一定の期間、定められて恵特定の仕事に就けなくなる仕事があるなどの様々な制限がなく自由なことです。 デメリットは、継続して収入を得る見込みがないと適用になりません。そのため、自己破産の手続きに移行することもあります。 【自己破産のメリットとデメリット】 自己破産とは、裁判所で全ての債務を免除してもらう債務整理で、認められれば税金を除く全ての借金がキレイになります。 メリットは借金が0になることですが、ただ、贅沢品とかギャンブルに使った費用は認められません。デメリットは、持家などの財産は処分しなければならないことです。 【過払い金請求】 任意整理をした結果、過払い金が発生してることがわかるときがあります。その場合、過払い金返還請求することで、返済しすぎていた金額を取り戻すことができます。ちなみに、返済が済んでいる過払い金返還請求は債務整理とはいいません。 従って債務整理の全てにあるようなブラックリストに載ることも、一定期間クレジットカードが使えなくなるようなこともありません。 【債務整理をした人が後で思うこと】 債務整理をした人の多くの人が「もっと早くやれば良かった」と思っています。ほとんど人が債務整理を行う決断をするまでに悩んだり戸惑ったりしていますが、それは債務整理というものがよくわからないことからきています。 さらに、間違った情報や偏見を鵜呑みにしている人も多く、それも債務整理をするブレーキになっています。債務整理の事をよく知って賢く利用することをおススメします。 ストーリー仕立てでわかりやすく借金返済ストーリー

債務整理を依頼するのは弁護士と司法書士のどちらが良いのか

債務整理については、頑張って勉強すれば個人で可能な手続きもありますが、やはり法律の専門家に任せた方が色々な面で有利です。素人が法律の書籍をめくって分かるのは、せいぜい条文と主な判例ぐらいであって、具体的にどういった手順で進めて、債権者と交渉をしていくのかのノウハウまでは到達できません。さらに、お金を借りている本人が借金の減額や返済日の延長を申し出ても、基本的に金融機関からはまともに扱われずに、ただ契約通りに返済することを一方的に言われるだけです。金融機関はお金を貸して回収するプロだから、自分たちが不利になる言動は一切行いませんし、逆に債権回収に必要な手続きは確実に行っています。その金融のプロフェッショナルと対等に交渉して、希望通りの債務整理を勝ち取るためには、同じく法律のプロである弁護士や司法書士の力が必要です。 法律の専門家とは、有資格者である弁護士、または、認定を受けた司法書士のいずれかです。ただし、債務整理を行っている司法書士であっても、高額の借金などの一定条件をオーバーしている場合は、案件として扱えなくなってしまうので注意しましょう。本来は依頼者の代理人として法律行為ができるのは弁護士だけですが、認定を受けた司法書士については少額の案件に限って、訴訟などの法律行為が許されているのが現状です。すでに高額の借金であるケースでは、認定司法書士よりも弁護士に相談した方が適切になります。もっとも、債務整理に強い認定司法書士であれば、弁護士よりもリーズナブルな報酬で、有利な返済計画を認めさせてくれるから、ケースバイケースです。 報酬金額としては、全体的に認定司法書士よりも弁護士の方が高めです。その代わりに、認定司法書士に依頼すると、代理人になれない部分が出てくるので、作成してもらった書類を持って、平日の指定された時間帯に裁判所に出向くといった手間がかかります。弁護士に任せた場合は、完全に本人の代理人として行動できるので、自己破産を選択した状況での裁判官との面談ぐらいで済みます。弁護士においては、債務整理の申請から完了までの期間を短縮できるなどのメリットもあるのが特徴です。自分の債務を見直して、債務整理で専門家に支払う報酬も考えながら、弁護士と司法書士のどちらかを選びましょう。いずれにしても、債務整理に長けていて、豊富な実績がある法律事務所がお勧めです。

弁護士の力を借りて債務整理を行い生活の再建ができた人が大勢います

借金が膨らんで、普通の生活が出来ずに一人で苦しんでいる人も多いです。 また、事業が行き詰って見通しが立たず、しかし、夜昼働いて何とかしようともがいている人もいます。その人の奥さんは、体を壊すだけだから諦めて債務整理をすることを勧めても聞かないといます。 弁護士に相談をすれば民事再生も受けられますし、破産宣告をすれば借金も整理できます。また、個人再生という方法もあるなど、債務整理にはいくつも方法があるのです。 迷っている間に借金は膨らむばかりですが、そのような状態になると冷静な判断がしにくくなるのと、本当に落ち込んでいるときは、弁護士事務所の敷居が高く感じてしまい行けなくなってしまう人もいます。しかし、相談をしてみれば、決して弁護士事務所の敷居が高くないことがわかります。 法律に疎い素人の人は「債務整理で借金が楽になるわけがない」と思うかもしれませんが、法律家の援助で何とかなるのです。 また、弁護士費用が払えないからと相談するのを諦めてしまう人もいますが、債務整理をすれば借金が0になったり、あるいは大幅に毎月の返済額が減額されますから、弁護士費用も払えるようになるのです。 また、弁護士に相談すれば、分割で無理なく払えるようにしてくれるはずです。 無理を続けて体を壊したり、行き詰って自殺という最悪な結果になる前に、まずは弁護士事務所に勇気をもって電話をしてみてください。そして、債務整理がどういうものなのか弁護士から説明を受ければ納得するはずです。 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産がありますが、過払い金返還請求も債務整理のひとつです。過払い金返還請求は、もし、返還額がなければ弁護士は依頼を引き受けませんから、弁護士料の心配をする必要はありません。また、債務整理の相談はどの弁護士事務所でも無料で受け付けています。 弁護士に相談をすると、債務整理のなかからあなたに相応しい方法を選んでくれます。 債務整理は自分でも行えますが、法律の知識が乏しい素人が自分で行うには難しく、あまりにも困難なので弁護士事務所に依頼することをおススメします。 債務整理は、恥ずかしいことではありません。多額の借金返済で普通の生活が出来なくなった人を救う国の救済措置です。 一般の人には法律は難しく、また、弁護士料が払えないと諦めてしまう人もいますが、頼れるものは何でも頼って最悪の結末だけは避けてください。 弁護士の力を借りて債務整理を行って、生活の再建をして普通の暮らしができるようになった人が大勢います。

債務整理は決してネガティブなものではない

まず大学卒業と同時に就職はせず、フリーターとして生計を立て始めました。 最初の頃は、比較的順調に生活ができていました。 しかし、日々の生活費や交遊費などを捻出するのに苦労してしまい 絶対に手を出してはいけないと思っていた消費者金融に頼ってしまいました。 それがフリーター生活1年目の冬のことです。 それから返済→借り入れ、給料日を迎えたらまた少しずつ返済しては借り入れ…と、 返す意志は持っていたものの、その意志を強く保つことができずに徐々に借金が膨らんでいったように感じます。 そんな生活を続けてまた1年が過ぎようとしていた頃に地方から上京して、 それからもさらにバイト生活に明け暮れていました。 昼はショップで働き、夜になると水商売もしました。 それが休みなく何ヶ月もあったように記憶していますが、それでも借金は増えもしなかったですがなかなか減ることはありません。 朝から深夜まで働いて、疲れ果てて明け方眠りにつく頃、私はテレビを観ていました。 その時ふと思ったのですが、東京は債務整理を促す・または借金に関する相談を受け付ける法律事務所のコマーシャルが多いなと… そこでネットで複数の法律事務所を検索し、24時間対応してくださっている事務所に 淡い期待や諦めとともに電話をしてみました。 すると電話口からは優しい女性の声がして、すこし安心しました。 今までの自分の借金事情、なかなか減らないこと、返す意志はあって今すぐにでも完済したいと思っていること… すべて話しました。 すると、後日直接事務所にいらしてくださいとおっしゃってくださったので 約束の日を取り付けて都内の事務所に伺いました。 そこでは男性の弁護士さんがいらっしゃって、 自分の今の状況と、どのように整理していくかといった内容を具体的に時間をかけて相談しました。 そこで私が選んだのは「任意整理」というものでした。 弁護士さまに仲介していただき、なんとか毎月の返済額を抑えることができたときは、とても救われた気持ちでした。 そしてしばらくクレジットカード等は使えず、不便するかもしれないと思いつつも そんなことも言っていられず、「かつ5年以内に完済する」という大きな目標もできました。 早く普通の生活・返済しなければいけないお金をゼロにしたいという気持ちが勝ったのです。 こうしてようやく返済の準備を整え、現在返済中です。 あと2年ほどかかる予定ですが、なるべく返済額を増やして完済の日を近づけたいと強く思っています。 返済は強い意志が必要です。 そのためには弁護士に相談することが、私のような人間にとってとても大きなきっかけになることをみなさまにお伝えしたいと思います。 借金に負けずに、明るい未来に希望を持ってお金と向き合っていきたいと思います。